• 増幅機構付き減衰装置−減衰こま(RDT:Rotary Damping Tube)

◆粘性流体の抵抗を利用してエネルギーを吸収する減衰装置です。

◆粘性流体は建物の揺れ速度が最大のとき抵抗力が最大になるため、小変形から大変形まで効率よく揺れを抑えることができます。

◆何度地震を受けても装置交換の必要はなく、半永久的に使用可能です。

◆粘性制震装置は建物の変形速度が最大のとき最大の効果を発揮します。

増幅機構付き減衰装置−減衰こま(RDT:Rotary Damping Tube)
国土交通大臣認定番号(免震材料) MVBR-0221,0222,0223,0396

産業用機械として普及しているボールねじを利用して、建物の変形により発生する装置軸方向の伸縮を回転運動に変換・増幅し、回転部に充填した粘性流体の抵抗でエネルギーを吸収する減衰装置です。

装置内部に増幅機構を持つため、小型でも大きな減衰力を発揮します。また、既存建物の耐震改修にも適しています。

 

減衰こま(RDT)には、免震構造のダンパーとして使用する大振幅型と、制震ダンパー用の小振幅型があります。

免震構造用の大振幅型は、最大±1000mmの振幅に対応し、減衰力は20kN(2tonf)から1,402kN(143tonf)までのタイプがあります。

制震用は最大200ton型まで対応可能です。

RDTの構成

RDTの構成

免震用の大振幅型   性能試験の状況    
免震用の大振幅型RDT設置状況   免震用大振幅型RDTの性能試験状況    
ページトップへ戻る↑